商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αNEX-5T特長 : 一眼クオリティー&高速レスポンス
特長 : 一眼クオリティー&高速レスポンス

小型ボディに、本物の一眼クオリティー

有効約1610万画素「Exmor(エクスモア)」APS HD CMOSセンサー

NEX-5Tには有効約1610万画素の高解像度「Exmor(エクスモア)」APS HD CMOSセンサーを採用。一般的なデジタル一眼カメラと同じAPS-Cサイズの大型イメージセンサーを搭載し、美しいぼけや豊かな階調表現、暗い所でも低ノイズでクリアな画質など、一眼ならではの美しい描写を実現しています。また、描写力に優れたEマウントレンズがさらに充実し、レンズ交換による多彩な表現を楽しめます。

センサーが大きいから、背景を大きくぼかした写真も簡単

イメージセンサーは、サイズが大きいほどたくさんの光を取り込むことができ、より高画質で、背景もぼかしやすくなります。NEX-5Tは小型・軽量のボディにAPS-Cサイズの大型イメージセンサーを搭載しているため、大きくぼかしながらの撮影も簡単。背景をふわっとぼかして被写体の表情を際立たせるなど、一眼ならではの表現を楽しめます。

圧倒的な低ノイズの最高ISO感度25600

「Exmor(エクスモア)」CMOSセンサーと画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」の高度な連携により、一段とノイズの少ないクリアな画質を実現。ISO感度は最高25600まで設定可能なので、暗いシーンでもノイズやブレをしっかり抑え、被写体を鮮やかにとらえます。

暗いシーンも手軽に鮮やかに。ISO AUTO設定

ISO AUTO時は、カメラがISO感度を100-3200の範囲で自動で設定し、暗いシーンでも鮮やかな写真が手軽に撮れます。手動で設定すれば、さらにISO感度を最高25600まで上げられるので、キャンドルライトなどのわずかな光でも被写体を鮮明にとらえ、三脚やフラッシュなしで撮影できます。また、セットアップメニューから高感度ノイズリダクション機能を設定でき、高感度撮影時のノイズを徹底的に抑えます。

ノイズを抑えてキレイな夜景が撮れる「手持ち夜景」モード

シーンセレクションの「手持ち夜景」モードを選択すれば、高速連写した6枚の画像を1枚に重ね合わせ、ノイズを増やすことなく高感度で撮影可能。三脚なしでブレの少ない夜景を手持ち撮影できます。

※ RAW、RAW+JPEG選択時には使用できません

室内ポートレートも美しく撮れる「人物ブレ軽減」モード

「手持ち夜景」モード同様に、高速連写した画像を重ね合わせて、ノイズを低減する「人物ブレ軽減」モードを搭載。動いている人物と背景のそれぞれで重ね合わせ処理を行うため、手ブレと被写体ブレの両方を抑えた美しいポートレートを撮影できます。フラッシュは発光されないため、白とびすることなく、室内の照明だけで自然な表情が残せます。

※ RAW、RAW+JPEG選択時には使用できません

一眼の表現力をさらに高める、画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」

APS-Cサイズの大型センサーの性能を最大限に引き出す、画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」を搭載。ノイズを抑え、解像感を保ちながら「見たままの臨場感」を表現する高品位な一眼画質を実現します。また、高度な画像処理技術による高速レスポンスや高速連写をはじめ、「スイングパノラマ」機能、「手持ち夜景」モードなどの高精度な画像合成まで、ソニーならではの表現を可能にしています。

高速・高精度を両立した「ファストハイブリッドAF」

合焦精度の高いコントラスト検出方式AFに加え、動く被写体への追随性と高速性に優れた位相差検出方式AFを新たにイメージセンサーの撮像面に搭載。ふたつのAF方式を併用した「ファストハイブリッドAF」により、フォーカスの速度と精度を両立。さらに、動きのあるシーンでは位相差検出方式AFで被写体にピントを合わせ続けるなど、撮影シーンに応じて最適なAFを使い分け、高速かつ高精度なピント合わせをサポートします。

※ ファストハイブリッドAFによるAFの可能な領域(エリア)は交換レンズによって異なります
※ 位相差検出方式AF非対応レンズ装着時、またはマウントアダプター「LA-EA1」装着時にはコントラストAFのみ、「LA-EA2」装着時にはTranslucent Mirror Technologyによる位相差AFになります
※ レンズキットに同梱のレンズは出荷時点でファストハイブリッドAFに対応しています。その他のレンズ(E 16mm F2.8を除く)で位相差検出方式AFを可能にするには、ボディおよびレンズのファームウェアアップデートが必要な場合があります

ピントを合わせ続ける「追尾フォーカス」機能

画面上の撮影したい被写体にタッチするだけで、「追尾フォーカス」機能がスタート。高速・高精度な位相差AFにより、動いている被写体にすばやく正確にピントを合わせ続けます。そのため、狙った被写体のズーミングや構図決めに集中でき、撮りたい一瞬を簡単に切り取れます。静止画だけでなく動画撮影中でも、被写体の指定が可能です。また、「追尾フォーカス」機能OFF時に画面をタッチすると、タッチした位置にピントを合わせます。

自動でピントを合わせる「インテリジェントAF」

「インテリジェントAF」は、カメラがシーンや焦点距離の変化を検知して、自動でピント合わせを行う機能です。シャッターボタンを半押しする前から、すでにある程度ピントが合っているため、突然のシャッターチャンスも逃すことなく撮影できます。また、低照度のシーンなどで、被写体にピントが合わせにくい場合は、内蔵のAF補助光が発光します。

※ Eマウントレンズ使用時のみ

ハイブリッドAFによる、最高約10コマ/秒(*)の高速連写

有効約1610万画素の高画素でありながら、最高約10コマ/秒(*)の高速連写を実現。「ファストハイブリッドAF」による高速AFと連携し、動いている被写体にピントを合わせ続けながらの高速連写が可能です。走っている子どもの表情や、スポーツシーンなどの決定的瞬間を逃さずとらえ、連写後にベストショットを選べます。

* 「速度優先連続撮影」モード時のみ。撮影速度は、撮影条件や使用するメモリーカードにより異なります

高速連写やセルフタイマーなど、幅広いシーンに対応するドライブモード

「速度優先連続撮影」モードや通常の「連続撮影」モードをはじめ、「セルフタイマー」「連続ブラケット」まで、幅広いシーンに対応したドライブモード。さらに、自動的に露出やホワイトバランスを変えて撮影する「連続ブラケット」機能も搭載し、自分のイメージに近い写真を追求できます。

表現の幅をさらに広げる、高性能「Eマウントレンズ」

光学式手ブレ補正機能を内蔵した超広角ズームレンズや、コンパクトで持ち歩きやすい薄型ズームレンズなどの新レンズも加わり、描写にこだわったさまざまなレンズをラインアップ。なかでも、世界中のフォトグラファーが賞賛する「カールツァイスレンズ」なら、ワンランク上の写真表現も可能。レンズ交換による多彩な表現が楽しめます。

キットレンズも、単焦点レンズも手ブレを抑えてキレイ、レンズ内手ブレ補正機能

キットレンズのE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS(*)、E 55-210mm F4.5-6.3 OSS(*)をはじめ、Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS、E 18-55mm F3.5-5.6 OSSや超広角ズームレンズのE 10-18mm F4 OSS、単焦点レンズE 35mm F1.8 OSS、E 50mm F1.8 OSSには、それぞれ光学式手ブレ補正機能を内蔵。さまざまなシーンで手ブレをしっかり抑えて、クリアな画質でキレイに残せます。

* E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSはNEX-5TLとNEX-5TYのキットレンズ、E 55-210mm F4.5-6.3 OSSはNEX-5TYのキットレンズになります
※ 手ブレ補正の効果は、撮影条件により異なります

Aマウントレンズ撮影で楽しさ深まる、マウントアダプター

マウントアダプターLA-EA2(別売)を使えば、すべてのAマウントレンズ(*)をNEX-5Tで使用することができます。さらに、静止画・動画を問わず、高速・高精度なTTL位相差検出方式AFが働くため、決定的な瞬間を逃さずとらえられます。広角から望遠まで豊富なαレンズ(Aマウントレンズ)を活用することで、表現の幅がさらに広がります。

* STFレンズはマニュアルフォーカス専用、またテレコンバーターとミノルタのXiレンズ、1倍/3倍マクロレンズでは使用できません
※ 動画記録中はカメラやレンズの作動音、操作音などが記録される場合があります

現在 ソニーストアでの取り扱いのない商品です

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ
カメラ本体
デジタル一眼カメラ“α”[Eマウント]
デジタル一眼カメラ“α”[Aマウント]
Eマウントレンズ
マクロレンズ(Eマウント用)
コンバーターレンズ(Eマウント用)
Aマウントレンズ
マクロレンズ(Aマウント用)
テレコンバーター(Aマウント用)