商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αα7 III特長 : AF・AE追随高速連写
特長 : AF・AE追随高速連写

最高約10コマ/秒(*1)のAF/AE追随高速連写と、最大177枚(*2)の連写持続性能

最新のシャッターチャージユニットの採用に加え、画像処理システムの進化により、フル解像度で最高約10コマ/秒(*1)のAF/AE追随高速連写を実現。また、ライブビュー方式による最高約8コマ/秒(*1)の高速連写も可能。連写中のファインダーや液晶モニターへの表示タイムラグを限りなく低減し、動きの激しい被写体でも安定してフレーミングできます。バッファーメモリーの大容量化やシステムの高速化、UHS-II対応のカードスロットの採用により、JPEG(スタンダード)は約177枚、圧縮RAWは約89枚、非圧縮RAWは約40枚の連続記録可能枚数(*2)を実現しました。

*1 連続撮影モード「Hi+」時に最高約10コマ/秒、 連続撮影モード「Hi」時に最高約8コマ/秒の高速連写が可能です。撮影設定によって最高連写速度が異なります
*2 連続撮影モード「Hi+」時。UHS-II対応のSDXCメモリーカード使用時。ソニー測定条件

最高約10コマ/秒の連写が可能なサイレント撮影(*1)

無音・無振動の電子シャッターを用いたサイレント撮影(*1)機能を搭載。サイレント撮影時もフル解像度でAF/AE追随最高約10コマ/秒(*2)の連写が可能です。静寂さが求められるシーンでも決定的瞬間を逃しません。また、メカシャッターのような振動も発生しないため、解像性能を最大限に引き出せます。

*1 高速で動く被写体の撮影やカメラを左右に振るなどカメラ本体を動かして撮影した場合に画像に歪みが起こることがあります
*2 連続撮影モード「Hi+」時に最高約10コマ/秒、 連続撮影モード「Hi」時に最高約8コマ/秒の高速連写が可能です。撮影設定によって最高連写速度が異なります

フリッカーレス撮影(*)

蛍光灯などの人工光源の点滅によるちらつき(フリッカー)を検知し、その影響が少ないタイミングで静止画撮影が可能。高速シャッター時の画像の上下で生じる露出や色合いの差、連続撮影時の露出や色合いのばらつきを低減します。

* 光源の点滅周期が100Hzか120Hzの場合のみフリッカーを検知できます。また、連続撮影速度が遅くなることがあります。サイレント撮影時、バルブ撮影中、動画撮影時はフリッカーレス撮影ができません

データ書き込み中の操作性が向上

データ書き込み中の操作性が大幅に向上。連続撮影後のメモリーカードへの書き込み中でも、Fn(ファンクション)メニュー上から撮影設定を変更できるほか、メニュー画面へのアクセスと設定変更(*)も可能になりました。再生画面へのアクセスもでき、連続撮影後すぐに撮影画像を確認できます。連写の書き込み残り枚数も表示されます。

* データ書込み中にメニュー画面から変更可能な設定項目には制限があります

レーティング機能/プロテクト機能

撮影した画像に5段階でレーティングが可能。カスタムキーにレーティング機能を割り当てておけば再生画面上でレーティングできます。また、撮影した画像を誤って消さないように保護するプロテクト機能も搭載。撮影現場や移動中などの空き時間に効率よくセレクトできます。

連写グループ表示

再生時のインデックス画面の一覧性が向上し、撮影画像を連写したグループごとに表示できるようになりました。連写グループ単位での削除やプロテクトもできるため、撮影現場ですぐに写真の選別や削除をしたい場合に有効です。

UHS-II対応(*)デュアルスロット

SDカードスロットとSD/MSカードスロットの2つのメディアスロットを搭載。2枚のメディア間でのリレー記録や同時記録、RAW/JPEG・静止画/動画の振り分け記録、メディア間コピーなどが可能。さらに、下段(スロット1)のSDカードスロットはUHS-IIに対応し、高速に記録できます。

* スロット1のみUHS-II対応

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ
カメラ本体
デジタル一眼カメラ“α”[Eマウント]
デジタル一眼カメラ“α”[Aマウント]
Eマウントレンズ
マクロレンズ(Eマウント用)
コンバーターレンズ(Eマウント用)
Aマウントレンズ
マクロレンズ(Aマウント用)
テレコンバーター(Aマウント用)